だつりょく系

自由人

【タロット】占い師を占い、占い師に占ってもらったらミラクルだった

キーワードは【答えは自分の中にある】


タロット占いをしてます2月のうさぎです。ココナラで修行として無料占いを続けてきました。

ところがある日、なんだかすごくもやもやっ・・・として、このままの調子で占いをすることはできないなと感じました。

そこで、私と同じような、ココナラで無料占いをがんばっている占い師さんに占ってもらうことにしました。

これがとても不思議な体験だったので記事にします。

占い師さんを募集した

大量にいる占い師さんの中から条件に合う占い師さんを探すのは難しかったので、リクエストボードを使いました。

リクエストを出してしばらくはなかなか反応がなく、やっぱり同業はだめなのかなぁ・・・と、今まで以上にもやもやしてしまいました。

そんな中、一人の占い師さんが声をかけてくれました。

 リクエストを見て、同業者の方に見てほしいとのことで、気持ち分かるな~と思って覗かせてもらいました(*^^*)

 ココナラでしか活動してませんが、私もまだ一年も立たない身で最初は無料しか売れず辛くなりました。

 そんなこんなで最近ようやく・・・有料購入してもらえるようになりました。

 大丈夫です!!誠心誠意リーディングすることで道は開けていくと思います。

温かい言葉に励まされました。そして、このやり取りだけで終わるかなと思ったら、後に占いを依頼してくださいました。これが面白い展開になっていくのです。

ある占い師さんにピンときた

そうこうしているうちに、自分が出したリクエストの募集期限日になりました。それまで、3件ほどちらほら提案があったのが、一気に9件にまで増えていました。その中に、妙にピンとくる提案があったのです。

 とても面白いリクエストですね!^^リクエストを読んでいて、ついほっこりするような面白さを感じて提案させていただきたくなりました。

 「何を占ってほしいかもいまいちはっきりしていない状態」とのことですので、まずはやりとりをして、ほんとは何を聞きたいのかな~?というのを少~しはっきりさせる所から始められたらいいかなと思います。

 たくさん無料占いをしてきた2月のうさぎ様の肩を少しだけ揉んで差し上げたいような気持で提案させていただきました。

面白い、ほっこりって言ってもらえたのと、やりとりをしながら私が本当に聞きたいことをはっきりさせるというアプローチが気に入ったのだと思います。この方に頼もうと決めました。

占いリレースタート

こうして、占う・占ってもらうのやり取りが始まりました。まず私が占い師さんに占ってもらい、その後占い師さんを占いました。占ってくれた方をAさん、私が占った方をBさんとします。

Aさん→私

私は疲れているのか?

Aさん「タロット占いを今のまま続けていくことに少し迷いや疲れが出てきているのでは?」


「そうですね、なんかそんな感じだと思います。タロットそのものにすごく興味があるんですよね。身に付けた知識を人のために生かせたらいいなっていうのと、本とにらめっこするより実際に人を占う方が身に付くだろうなってので占ってます。でも、無料でやっているとすごく疲れてくるんです。タロットの研究とはかけはなれて俗なところで消耗してしまいます。」


Aさん「わかります!お気持ち、とってもよくわかりますよ。私も無力枠のみのころはとても消耗感がありました。2月のうさぎさんは『無料枠を続ける』と思うと今現在はどんな気持ちがしますか?


この質問が、問題を解くカギになりました。


「無料枠を続ける・・・無料だったとしても件数をこなせばランキング入りできるんですよね。それ狙いでならできそうだなぁと思います。ランキングに入れば、たくさんの人の目にも留まるのかなぁって。」


Aさん「『もう無料でやり続けるのは嫌だなぁ‥』という拒絶感はないということですね。ここでとりあえず一回、『これまでと同じペースで無料枠をやり続けると良い結果につながるか』という質問でカードを引いてみたらどうかと思いますがいかがですか?」


「それいいと思います!お願いします。」

あるのは分かっているけど見ようとしなかった


Aさん「引いてみました^^ん~、ちょっと狙い通りの展開にはならなそうなカードが出ましたね。2月のうさぎ様の近未来としては 『剣の10』疲れ果ててる感じです。やはりちょっと負担になるのではないでしょうか。」


他にも色々なカードを引いてくれましたが、私はこの1枚に反応しました。


「ありがとうございます。なるほどーって感じです。こうやってスパッと出てくれるのはいいですね。あぁやっぱり疲れていくだけなんだなぁって。なんか、リーディングが向上してる実感がないし、もっとタロットの奥深い世界を知りたいんです。聖書とか西洋文化とかひとつひとつのシンボルの意味とか、膨大な背景に触れたいんです。


Aさん「『なるほど』と思っていただける結果で良かったです^^2月のうさぎさんの「膨大な背景に触れたい」ということからはとても2月のうさぎさんの心を感じます。心から出ていることだと思うんです。

それに比べて、『無料枠を続ける』と思うと今現在はどんな気持ちがしますか?とお尋ねした時には、お気持ちをお尋ねしたのですが、やればこうなるのではないか、という読みとか計算の言葉が返ってきました。これは気持ち(心)ではなくて思考(頭)ですよね。

全然悪いとは言ってませんよ^^心も頭も両方必要ですから。

ただ『よくわからないけどもやもやがある』とおっしゃるその『もやもや』というのは2月のうさぎさんが問われても見ようとしなかったものなのではないかなぁと感じたのですがいかがですか?」


「おもしろいです。頭と心ですか。今まで考えたこともありませんでした。言われてみれば確かに気持ちを答えていなかったんですね。"在る"ものを見ようとしてなかった。

無料枠、めんどくさいです。タロットは安易な恋愛診断ツールじゃないです。自分と向き合って、気付きを得ていくための道具です。まさに今やっていること!だからこそ膨大な背景にも触れたいんですね。

世の中の一般的な感覚における"占い"は嫌なのかも。当たる当たらないとかどうでもいいんですよね。」


Aさん「そうですよ、それそれ!

めんどくさい!って思ってるのに『それを認めてしまうと、無料枠で件数こなして有料の道を開くという計画が崩れてしまう!』からその気持ちを見たくなかったんです。

でもやっぱり、いくらフタをしてしててもめんどくさい!って思ったままならいくら有料で依頼が入るようになったとしても多分、気持ちは面白くないままですよね。」

答えは最初から私の中に


Aさん「そして、これは最初から2月のうさぎさんの中でハッキリしていましたが2月のうさぎさんにとってタロットは『自分と向き合って、気付きを得ていくための道具』。自分と向き合って、気付きを得ていくための道具としてタロットと関われている時、しっくりくるのだろうしスッキリとしていられるんだと思います。

そちらを、そのスッキリ感を得られる方を最優先にしてみたらいかがでしょうか?」


「『答えは自分の中にあります』ってサービスの紹介文の冒頭に書いてるのに分からなくなってたのが可笑しいですね。でもそれに気付くのがタロットですね。なんか不思議な気分です。自分の本来の志向とやっていることがずれてたんですねー。」

Aさんまとめ

Aさんとのやり取りはまさに、自分の中にあるけど分からなくなっている、その答えを探すリーディングでした。

次は 私→Bさん

元彼を忘れることができなくて

Bさん「実は悩みは・・・再会もしたくないほど復縁は絶対にあり得ない元カレを何故か未だに忘れられないのです。

いつか忘れる・・・そう思い続けて多分もうすぐ10年になります。復縁は絶対にあり得ない理由は別れてからいろいろ気付き、別れて正解だと思うことが多くあったからです。ただ、何故か未だに夢にも出るほど元彼が未だに残像に現れます。

思春期の恋はなかなか忘れられないのだろうと思って時が経つのを待っていましたが、それがブロックとなっているらしく、新しい恋愛をするには??とリーディングしてもらったり自分でしても絶対に出てくるのが『ブロック』。

ただ、私自身未練もなく別れてから一切会ってもいないのに心に住み着くこのブロックをなんとか取り除きたい!!

そこで元カレを忘れる方法・・・縁をバッサリ切る方法を知りたいのですがタロットで出来ますか??」


「なんかすごいテーマです・・・!!!とりあえず、やってみます!」

できないものはできない


「カードを引いてみたのでひとまず結果をお伝えしますね。

現在の状況のところに力が逆位置で出ています。、問題を必要以上に大きく考えてしまってはいないでしょうか。潜在意識のところに節制が逆位置で出ており、この問題でいっぱいいっぱいになっていることがうかがえます。できることとできないことを整理しましょう。できないことはがんばってもできません。

顕在意識にカップのクイーンが出て、自然体のあなたのところにカップのペイジが出ています。情緒、感情豊かで優しく、人の気持ちや心を大切にしたいと思い、実際にそのような女性になろうとしています。

でも周りはソードの2。「まだこっちにこないで!」と警戒されているように感じてしまうみたいです。

対策のところにペンタクルの7が出ました。今は努力の方向性が違うようです。目的と手段がずれているので、何を望んでいたのか原点に立ち返り、それに沿った努力をすべきとのことです。過去のカードを見てみると正義が出ています。以前のBさんは、自分自身を偽らず、正しいと思ったことはきちんと主張できていたようで、それを取り戻すことが必要みたいです。

結果のところには魔術師が出ました。新しい恋が始まりそうです。素晴らしい出会いもすぐそこまできているかもしれません。


“できないことはできない”“目的と手段がずれている”というのが気になりますね。

もしかして・・・と思うことはいくつかあるのですが、ひとまず読んでみての印象を教えていただけませんか。」


Bさん「なるほど・・・びっくりするぐらいなのにしっくり来る答えにすごく頷けることばかりでした

☆過去の私・・・『恋の傷はいつか勝手に癒されてそのうちにいい恋が向こうからくるでしょ』と思っていましたし周りにもそう言ってました。まさに正義のカード“自分自身を偽らず、正しいと思ったことはきちんと主張できた”昔の私を表しているような気がします。

☆それが現在は・・・いつかまた新しい恋ができるだろうと脇へ押しやって数年。だんだん周りが婚活や合コンに力をかなりいれ始め、親戚からはまだか??と言われて。

勝手になんとかなると思っていた恋愛について数名の方にリーディングお願いすると、元々恋愛運はいいらしく上手く行くはずが上手くいかないのはブロックがかかっているとか癒されていないとか。

過去の恋人に呪われているなどと言われて『このままではいくら恋愛運がよくても出会えません』と言われたので焦ってしまって(^^;恋愛の準備しなくちゃいけないかな??と思ってしまってることかなー。

まさに“問題を必要以上に大きく考えてしまってはいる”ような気がします

周りに流されずにいた昔の私のままのほうがいいということでしょうね(*´ω`*)

☆周りが結婚に向けて相手探しを始めているので私もしなきゃいけないの??と考えるときもありますが全然心引かれないんです。

逆に今やっているリーディングやハンドメイド販売の活動が楽しくて心のどこかで恋愛よりもその楽しみに時間を使いたいし、まぁいっかーって思っているのも事実

「まだこっちにこないで!」とまさに警戒中でもあるし、“できないことはできない”はこのことかもしれませんね。

☆“目的と手段がずれている”・・・もしかして、過去の恋愛を癒さなければ次の恋愛が来ないという考えが実はずれてるのかなーと思いました。

☆魔術師・・・私の中では魔術師ってワクワクするイメージなんですが『次に恋するなら情熱的な恋愛よりもお互い笑いあえる楽しい恋がしたい』と思ってたんです!!すごく嬉しいです♪」


「おぉ!私も、『ブロックのせいで恋愛ができない』というのがもしかして違うんじゃないかなあと思ったんです。それで、ペンタクルの7には“対象とするものが違う”という意味もあるので、まさに『全然恋愛に興味がないからできない』ってことだと思います。何となく、『結婚しなければ・・・』とか『世間体が・・・』とかいうのがあるので、『興味がない』ことを認めるより『ブロックのせいで恋愛ができない』ということにしておいた方が楽ですからね。

ということは、今は恋愛よりもリーディングやハンドメイドの方が楽しいなら、とことん極めるのがいいのではないでしょうか。魔術師はそれを表しているような気がします。」

答えはやはり彼女の中に


Bさん「同意見でホッとしましたー(*^^*)根っから恋愛は求めていないというのがある意味“ブロック”になってたのかも(笑)

確かに元カレと付き合っていろいろ男性をしっかり知るきっかけになって。別れた後は五年付き合ってたし結構辛かったけどよくよく考えたら別れて正解と思うところをたくさん見つけて。

その後、付き合いそうになったりいいなーと思う男性がいても上手くいかなかったのは、私自身が恋に冷めてたからかもしれませんね。

もしかしたら、夢に出てくる元カレは恋愛を求めていない自分自身の象徴だったかな?(^^;

うさぎさんの言うとおり今は恋は置いといてやっぱりやりたいことを全力でしてるほうがいいのかもしれませんね(*´ω`*)

実は私、今活動してること成功するかどうか占いでしたことないんです。それは止められたくないから・・・。でも、今回のタロットの魔術は『大丈夫だよ』と言われてるみたいですごく勇気をもらいましたー。本当にありがとうございますm(__)m」

Bさんまとめ

Bさんは、心の底では「今は恋愛したくない」と思っていました。でも世間体や周りの婚活ムードから、なんとなく「恋愛しなきゃ」と思い込んでいたため、恋愛したくないという気持ちを認めるわけにはいかなかったのです。

人は大事なことを見失いがちな生き物なのかもしれない

私もBさんも、答えは自分の中にありました。でもそれが、ちょっとした思い込みや目先の利益から、曇って見えなくなってしまっていたのです。ですが2人とも無事に、タロットによって気付きを得ることができました。それはまさに、私がタロットで一番やりたかった営みでした。

きっと、似たような状況の方はたくさんいらっしゃるのだと思います。そのような方の力になって差し上げたい。「自分と向き合い、気付きを得るための道具」としてのタロットを極めたい。そう思えた一連の出来事でした。