だつりょく系

自由人

誰かにイライラした時は

「人のふり見て我がふり直せ」

とはよくいったもんだなぁと思う。

誰かにイライラした時、

よーく考えると自分自身にその要素がある。

そのことを昔フロイトが投影と言ったことは有名だけど

メカニズムはよくわからないし誰が何と言おうと構わない。

 

でも、一つ納得いかないことがあって。

何年か前にある人にイラっとして、

その時からだいぶ意識して直すようにしてきた要素に対して、

最近またイラっとするようになった。

(そういう要素を持った人が身近に現れた)

もう十分気をつけてるつもりだけどまだだめなの?ってうんざり。

 

だけど、この記事を見てもやもやが晴れた。

「なぜその人が、そんなにイヤなのか?」
http://blog.blwisdom.com/uemura/201501/article_4.html

“表面ではどんなに周りに気づかっていたとしても、心のなかでは

「自分勝手にしたい(自由にしたい)もう一人の自分」がいるのです。

それを「そうしてはいけない!」「そういう自分が嫌だ!」

と思うから封じ込めてあるのです。

こういうのを心理学では抑圧といいます。

そして抑圧されたその影の自分を、他人に投影するから、

「どうしてもその人がイヤ!」という強い感情になるのです。”

 

つまり、これ以上直そうとすると余計に抑圧することになり、逆効果なのかもしれない。

大事なのは、そういう負の側面を持った自分を受け入れ、赦すこと。

言うほど簡単じゃあないと思うけど、やってみよう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ